哲学者・数学者偉人列伝その1「ブレーズ・パスカル」

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal)はフランスの数学者・哲学者・神学者である。パスカルは生涯、護教論を考え、神について自分が考えていない時釘で自分の腹をつつけるようなベルトを構築し、常にこれを身にまとっていたという。現代でいうゲーム理論に近い数学をキリスト教擁護の観点からフォン・ノイマンよりもずっと早くに編み出し、意思決定マトリックスとしてこれを活用し、神の存在を擁護した。

思想哲学的にはパスカルは偉大な人物としてみられている。「人間は考える葦である」という言葉はパスカルの真理的思想を象徴している。彼は哲学者としての側面がなければ、さらに偉大な功績を数学上残したともいわれることは多いが、その思想的貢献も知識人の中でも人一倍高い。彼の哲学はその幾何学上の発見や圧力等初頭統計数学の創造から見ても、ごく自然な結果であったといえるだろう。彼の影響による神学や哲学に対する貢献は今でも大きいものがあり、また大きな影響力を後進に残した。

また、パスカルは今でいうタクシーの発明で知られるほか、パスカリーニョと呼ばれる世界でもっとも本格的な機械式計算機(実際は機械式計算機は古代におけるアンティキティラ島の計算機のほうが早いともいわれる)を発明したことでも知られ、徴税官であった父の仕事を助けようとして衰弱に陥るまでこれに没頭し制作した。そのため父への貢献が短命に寄与したともいわれ、さらにパスカルは食事という概念もまた節制すべきものだと思い込んでいた。

自宅はインテリ層の父にありとあらゆる当時の最高峰の知識人が集い、また一種の知識サロンとしてそれは機能した。つまりパスカルは高等教育どころか初等教育まで受けてはいなかった。あらゆる欲を節度あるものとして統制した彼は生涯独身を通し、女性との交流はなかったともいわれる。まぎれもなくフランスが生んだ、思想的偉人である。一説によると当時ヨーロッパでは歯医者がなかった。ゆえに彼は歯の痛みをこらえるために数学の問題に熱中したともいわれる。今ではお茶の間のご婦人も知る通り、圧力の単位に彼の名が冠されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA