子供のための文化思想論説:「フェアユース」ってなに?

フェアユースとは著作のある創作物の合理的な使用方法について、アメリカで主にまとめられた法令です。例えば、あなたが様々なジャンルの考察を書いたとします。その中に、ゲームの画像をレポートの中に埋め込んだとします。これは現時点でいえば、日本では同人活動の一環として非親告的に容認されるだけですが、アメリカでは大きく認められる傾向にあります。その二次創作性が大きく貢献的であったりすると認められるのです。

あなたが、非営利か営利かにこれは問いません。ただ、これは非営利・営利で単一的に判断されるものではなく、さまざまなジャンルの著作の有効活用性をもってして認められるということが重要です。非営利だからOKとか営利だとNGというすみわけがあるわけではなく、あくまでその判別性を総合的に勘定して認められるのです。例えば、営利目的であっても、教育用途だったり、その二次創作性に独創的なことがあったり、オリジナリティが含まれればそれはそれで認められる可能性が高いです。

だから、日本ではこの規定をアメリカに倣ってしっかりと作るべきという意見もあります。しかしながら、日本の二次創作文化は同人誌も含めて、非親告的に行われ、また事実上容認という立場があるからこそ成り立つ文化だ、とする意見もあり、文化庁はこのうちの後者の意見をとっています。すなわちそうそう簡単に認められるものではありません。例えばみなさんは世代的に「るろうに剣心」の作者の和月先生を知っていると思います。和月先生はこのうち文化庁の後者の意見をとっており、同人誌は自分的にはアリだとおっしゃってくださっています。ただし、出版関係者や著作権の複雑化にともない難しい判断が迫られているといっていいでしょう。

あと、わかりずらいのであればまだ例を挙げられます。押切蓮介先生の「ハイスコアガール」がそのひとつです。これは著作を無断で使用していたため、問題になりましたが、結果文化庁見解に沿うような形で認められ、和解が成立し、ビジネスを共同で行うような結果になっています。押切先生はこっぴどく怒られたようですが、これに創作性がないと完全にいいきるどころか一部であっても創作性がないといいきることはできません。だからこそこれをフェアユースとして認めるか否かというのは難しいものなのです。明治大学の法学者たちはこの漫画が引用に値する制作性のあるオリジナリティ作品だという懸念を示しており、これを機に作者の創作性が失われることを危惧した声明を連名の形で出しました。

日本の著作物がコミックマーケット(同人誌の大見本市)などでどれだけ認められやっていけるかどうかはみなさんの作る社会が判断することです。日本の司法は微妙な観点から独自的な見解を述べたり、高度に政治的問題は問わないということもあり、この問題は実は大きな社会問題として陰ながら見え隠れしています。それを是正するか修正するかどうするのかはあなたたちが作る社会制度次第なのです。

ローレンス・レッシグ先生の著書は高度なものが多いですが、これまた難しい問題として判例が米国で出ています。ちょっともっと最先端の理解をしたいのであればこういう一流の知識人が書いた本も読むことをお勧めします。ちなみにレッシグはもともとはバリバリの憲法学専門でしたが、今は新領域法学(社会の諸権利をめぐる新しい形の法学)に近い立場をとっており、同人誌文化にも詳しいと噂されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA