特集記事:”流通の天才”アレクサンダー・セロピアン「Destiny」を作った男

ゲーム会社のBungieといえば最近「Destiny」のヒット作で知られているイノベーションゲームの会社…。FPSをこれで知ったという若者も多いと思うけど、この動画が25年間の歴史を語っているように歴史のあるすごいゲーム会社です。はじめは「Pong!」とか今になっては超マイナーなゲームの販売とかで知られています。ほかにもこの動画が示すとおり、代表作は多し。「Abuse」「Marathon」「Myth」「Oni」「Halo」など昔のゲームから今の「Destiny」に至るまで先駆的なゲームばかり作ってきました。

いまでこそ日本語のウェブページを持っているこの会社(https://www.bungie.net/ja/)の哲学を作ったのが、シカゴ大学で人工知能の研究をしていた、アレクサンダー・セロピアン(Alexander Seropian)です。彼は流通の記事をTidbitsに寄稿していて、これをハーバード大学の井ノ本琢也氏が翻訳したもの(http://jp.tidbits.com/TidBITS-jp-352.html#lnk4)が日本語版に掲載されている。これを見る限りやはりセロピアンは天才だ。

ちょっと個々の作品を解説していこうか…。

「Abuse」2Dアクションシューティングゲームのマッキントッシュへの移植版。
「Marathon」FPS、並みのSF映画・小説を凌駕する世界観とストーリプロット。ゲーム性もすごい。
「Myth」ファンタジー系のRTSのパイオニア・後発のRTSではこれに影響されたものばかり。
「Oni」攻殻機動隊に影響を受けたアクションゲーム至上最強のタイトルと評するファンも。
「Halo」周知のとおりの超人気シリーズだが、ここにいたるまでセロピアンは天才過ぎた…。

やはりBungieの歴史を(上の引用動画でも)見ていけばわかるが、ヒットしなかったゲームが”ひとつもない”。セロピアンは上の記事を見ればわかるが、ソフトウェア流通の天才だった。今でこそ、彼の言う直販ダウンロード販売が主流になったけど、セロピアンはその効率性を十二分に当時から活用していた。情報財の性質をいっちばんよくわかっていたのが彼だった。Steamが世に出る2003年より10年以上前にそれに目をつけていたことがわかる。仲介業者は鍵屋を除いて(たぶん鍵屋もそのうちつぶされるけど)全部つぶれていった。ユーザが独自の文化力で翻訳してしまうことも、あるいはその流通性の行く末になにがあるのかもすべて理解していた。

さらに、彼らはWindowsとマックの違いにも目をつけていたんだ。それは、シェアの囲い込みをめぐって新しい時代の争いを予見していたかのようだった…(だからこそ、MSに目をつけられて、ベンチャー精神のあるセロピアンは社外に出た)。彼の天才性はBungieの活動の原力だったんだなと思う。彼はまた再びベンチャーを新しく建ててこいつはディズニーにうっぱわれた。どうやらセロピアンのような天才は全部大企業のM&Aによって利益化されていったようだな。で、今は三つ目の会社(https://www.industrialtoys.com/)か…。ほんと自信なくしますね。

よく大学でPGできないけど、情報学科卒ですとか、機械科でロボットひとつ自作できないのに実学尊重とかそういう馬鹿がいるけど、そりゃいいわけだということがセロピアンの人生から読み取れる。彼は今アイスキャンディー片手に、デスクにかぶりついてめちゃくちゃハードに、だが楽しみながら働いていることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA