連載たまにはゲームでも:「Salt and Sanctuary (ソルト アンド サンクチュアリ)」―続編の噂も…

PS4展開がきて箱ユーザとしてはうらやましい限りなんですが….。このゲームの基盤はいうまでもなくダクソです。ダクソを2Dにしただけです。それだけ。だけれども目の付け所が斬新すぎたので売れまくってます。売れまくってます。売れまくってます。Steamランクもセール時にいちいち一位をキープしていて、十分もうハーフミリオンぐらいはいったんでないのかなーという感触さえあります。

でこういうタイトルはインディゲーゆえの弱さもありました。CS機への展開でかなり厳しい状況だったんですけど、おそらくソニーの中の人あるいは関連者に「ああ、これコンソールで売ったら絶対売れるな」って思われたんでしょうね。コンタクトがあってたぶん公式にしっかりとしたローカライズを敷いたうえでPS系で発売されたようです。ゲームの内容は繰り返し言いますが、当然難易度の高いダクソの2D版です。

横スクロールのアクションゲーでダクソを真似たゲームっていうのはありそうでなかったわけで、そこだけがポイントになってます。逆にいえば着眼点を変えればそれだけでこんなタイトルが出るんだなぁといった感じです。ローカライズが肝で、前開発元のローカライズは不評買ってましたし、本作でしっかりとしてインディゲーの形で言語枠を超えて売られたのは大きい…。PSの誇れる実績といっていいでしょう。このあたりでは箱が負けてるかも。

ありていなのはやはり近接攻撃だけで遠距離攻撃は特殊物であり、魔法とかそういうものだけ。武器の要素もダクソのコピーで重さの概念とか種々の武装要素、アーマーの要素アクセサリの要素とほっとんどそのまま。ではオリジナリティないかっていうとそうでもない。デザインがしっかりとしてるし、ゆるーめのキャラデザもいい感じ。だけれどもフリーダムすぎて、もうちょい硬派にしたらよかったかなという印象も受ける。

ヒットアンドアウェイだけで勝てるかっていうとそうでもない。やっぱりこのあたりのバランス感覚はダクソの先行実績があれども、さすがに考えられて作られています。素晴らしいバランスゲーになってて、無双とか突っ込みが効かないです。塩を集めて、あなたも能力を上昇させて、より強いボスに戦いを挑むのです。まさに塩漬けのゲーム、それが本作、「Salt(塩) and Sanctuary」ですね。多分この様子だと続編(http://www.gamefaqs.com/boards/834700-salt-and-sanctuary/73510477)も来るね。

marikoi

ここの主筆・共同管理人。ぶっちゃけ狂人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA