連載たまにはゲームでも:「Killer Instinct」現存する最強の格ゲー

いやこれすごいゲームですね。はじめはなんだこのコンボゲーって思ってたけど誰でもコンボブレイクできるので、特定のキャラクターに依存することなく、自由度の高いキャラクターセレクションができる。しかも個性的なキャラクターばかりで、CS機では箱でしか(Win10でもできるようになっとるけど)できないってのは大きなメリットですよ。必ずEVOの採用種目になると思われます。

まず、コンボのあり方をオープナー・リンカ-・エンダーっていう風にうまく分けて、そこかしこでCB(コンボブレイクシステム)があり、じゃんけんのように三すくみ状況になってる。裏の読みあいが差し合いゲームみたいにでなく、待ちゲーでもなくうまあく作られています。だから先に攻撃しかけて、うまく相手のCBの読みを避けながら、どういったコンボ構成にしてうまく多彩な攻め方を可能になるのかというポテンシャル評価をしなければならない。いかにもMSの作る、最強のバランス崩壊ゲー(この場合のバランス崩壊というのはもちろん褒め言葉)といっていいでしょう。あとこんな本も出ていて、シーズン1のコンボについてはWebcodeで参照できるほか、コンセプトアートとか掲載もあるようです。

しかしアメリカ勢はほんとうに強いです。例をあげると、サンダー(Thunder)で戦ってみたけど、まじでコンボなんかスキがない。サンダーは間合いを取られてヒットアンドアェイでやられると弱い。フルゴア(Fulgore)は逆にヒットアンドアェイとゲージ管理が重要で、こいつに当分の間は落ち着きそうです。個性的なキャラクターが躍動して、さまざまなスキンもある。こりゃ、日本産格闘ゲーや単純なコンボゲーではまったくもってしてかないません設計になっとる。あとは、ちょっとCSについても補足しておくか…。

攻撃に対して弱中強というジャンルがあり、それらをうまく使い分けることで、どうやってコンボ構成をして、CB(コンボブレイク:相手の攻撃種に対して同じボタンを押すことでコンボを中断させるシステム)に対抗するかというスキルが求められて、努力と実力成果(というと語弊があるかもしれんけど、修行次第でうまくなれるので初心者でもとっつきやすい)に沿ったゲームになっています。というわけですから、どういうコンボを作るかってのも重要です。豊富かつ単純な各種のつなぎ攻撃コンボシステムによって、あなただけのアイデアでどんどん新しいコンボが生まれる。しかもストみたいに定石ってのがそれほど強くはない。これからのゲームを見据える上で発展性のあるイマドキ珍しいゲームだなと思います。

これは本当にディレクションしたやつ、神レベルですね。格闘ゲームがまだまだ進歩するという証拠です。とっつきにくいと思っていた私でさえはまっているので、みなさんにお勧めできるものです。Steamでも配信してくれんかな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA