特集記事:28年間今までの人生の中で考え付いた誰にでもできるダイエットの方法

突然だが突拍子もない企画を思いついた。考えていこう。

1・食べる量を減らす(間食をなくす)
2・運動する(駅の階段では歩くなど)
3・どうしても食べたいときは飴やガムで我慢
4・水分を多くとる(清涼飲料水や炭酸飲料などお茶と水以外は禁)
5・食事以外で夢中になれることを見つけてそれに没頭する

というわけだ。それぞれ解説していこうか。

1・食べる量を減らす(間食をなくす)
当たり前だ(笑)。食べる量を減らせばカロリー摂取が減る⇒結果ダイエットにつながる。当たり前だが、基礎中の基礎だ。特に間食はいけない厳禁です。さらにいえば寝る前の間食(夜食)は本当に最悪。絶対にやめるべき。もう研究で研究されつくされてるので、医学的にも常識。

2・運動する(駅の階段では歩くなど)
こいつも当たり前だ。カロリーをなるべく消費するようにする。それだけ。

3・どうしても食べたいときは飴やガムで我慢
これは諸刃の剣でもある。ガムはまだいいが飴は砂糖のようなものなので、糖尿気質になるかもしれないっていう懸念はある。ただ、ふつーの別の間食をするんであればこいつで粘って、夕飯まで…とかそういう活用方法はあっていい。カロリーをなるべく抑える方法。

4・水分を多くとる(清涼飲料水や炭酸飲料などお茶と水以外は禁)
清涼飲料水や炭酸飲料は取りすぎると体に毒だ。お茶や水で三食まで粘る。あとこれは代謝効果をしっかりとすることにつながる。食べたものは全部その日のうちか翌日早朝にまで出そう。お通じをよくすることは若さにつながる。ホリエモンと予防学会曰く「口呼吸より鼻呼吸らしい」があれに似てる作用はありそうと感じてる。

5・食事以外で夢中になれることを見つけてそれに没頭する
例えば音楽(ギターとかピアノ)とかオンラインゲームとかそういうものを見つける。夢中になれる趣味を見つければ、その分食べる時間は少なくなる。没頭できる趣味を見つけるんだ。現代社会は残念だが、飽食の時代だからこれは極めて重要だ。食べる時間を減らして、人生をもっともっと豊かにする時間を作る、これは極めて重要だって感じてる。

以上、28年間無駄に生きてきて(笑)、苦しいことばかりだったが、生きててよかったと感じる私がまとめてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA