特集記事:トランプ政権副大統領マイク・ペンス(Mike Pence)。で、誰?

https://ballotpedia.org/Mike_Penceより引用

実務派としてトランプを支え、またその力量がとても期待されているペンス次期副大統領ですが、「で、誰?」ってかたも多いと思います。いまさらながらその概要をアメリカンポリティクス百科事典から解説します。党内の主流派の代表格であって、ペンスがトランプと主流派の綱渡しになってくれるのではないか?とする説が有力というのは皆さんもご存じだと思います。

BAをハノーヴァー大学で、インディアナ大学でロースクールに通い弁護士として活躍していたペンス氏ですが、テレビ出演を通じて、数回選挙に敗北した後に州知事選挙当選して、はじめはインディアナ州で州知事をしていたそうです。このあたりはビル・クリントンと似ている気がいたします。ビルはもっともっと知名度のない州知事でしたからね(たしかニューハンプシャーじゃなかったか?)。

典型的な右派であって、abortion(中絶)やLGBTに反対してきた(州で合法的に施設が同成婚を拒否できる制度を作ったこともある)歴史があります。ただ、北米自由貿易協定(NAFTA)などでもかなり活発に活動し、自由貿易を進行させるなど、やはり国際社会にいい面をよく考えたうえでの福音派などにも保守的に配慮したものです。なんかむしろこの辺りは自民党っつか、共和党って枠とか主張が人ごとにかなり違うので、日本においては民進党みたいな感じに似てね?って思いました。

さて、肝心の政策内容ですが、訳してみるとこんな感じになっております(写真引用同ページより引用)。しかしこのマトリックスはよくできている。このぐらい博識なWikiがあるんだったら当のアメリカ人はみなクリントンに入れるのは間違いないとは思っているのですがw。

経済政策 態度 社会政策 態度
女性やマイノリティーの権利向上のための立法 強く反対 中絶の権利化 強く反対
オバマケアの拡大 強く反対 同成婚LGBTへの配慮 強く反対
教育バウチャー制度 強く賛成 神の存在 強く賛成
銃所持の権利 強く賛成 環境保護のための権利縮小 賛成
富裕層への課税 強く反対 犯罪への重罰化 強く反対
自由貿易 強く賛成 寛容な移民政策 強く反対
投票権の拡大 賛成 国連への権力拡大 強く賛成
エコエネルギーへの投資 強く反対 軍事拡大 強く賛成
自由経済への介入 反対 イランとの関係性 強く反対
社会安全施設の民営化 強く賛成 マリファナの合法化 強く賛成

ただ、チェイニーみたいなスキャンダラスな副大統領を目指すってのはわかりません。私の個人的な意見かもしれないけど、チェイニーはもろネオコンで、映画監督のマイケル・ムーアにもシャドープレジデントみたいに言われ続けてたので、評価は低いと思っています。まあ、ムーアが民主党よりだというのはわかってはいるのですが…。そういう意味で、保守的にならんかというのがこの表を取りまとめてみた限りで思った感想です。トランプより影の実力者になるのは間違いないので、懸念はありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA