プログラミング:Rによるブログのネガポジ判定サンプルコード

というわけで画像だけですが、詳細はコードを見ていただければお分かりいただけます。

参考にしたコードはWEB上で認められている公開ライセンスによるものでありますので、私のこの改造コードもまた自由に活用ができると思われます。しかしながら、当該コードがどのようなライセンスで配布されているのかは不明(規約では自由に利用できるとの明確な記載有り―http://qiita.com/terms)です。

ただ、実は参考となった当該の大本コード(http://qiita.com/uchim/items/db20d662d762efbfa9e5)を書いた方がミスってる部分もあったので、その部分を修正して書き換えております。学習のご参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA