サルでもわかるゲームレビュー番外編:NBAマニアなき今「NBA 2K17」解説その2

「Sam Pham NBA 2K17 Tips and Tutorial」(https://www.youtube.com/channel/UCWvaIytNgjkxK-CB1LmlDDg)の情報量はすごい。私もNBA2Kを初めて一週間しかたたないが、オールスター相手に互角の戦いをできるようになってきた。重要なコマンドをいくつも紹介していてこれからNBA2Kを始めようとするひとにとっては必見の知識が多い。

例えば、ポストプレイを仕掛けるとき、なるべくドリブルで切り込んでからでないとスティールされやすいところとかをポジション取りも含め、的確な動画解説でしてくれているので、とてもありがたい。この動画リストは2016の時点でのもの(https://www.youtube.com/playlist?list=PLnsfcAuRXVBc4UAstHWRPlBBxcGMVdV8E)だが、これさえあれば、初心者は満腹だろう。16のバージョンの時点で18ぐらい解説動画があって、ひとつで15分ぐらいだから、総計すると約300分、すなわち5時間も英語解説付きで見なければいけないが、ピック・アンド・ロールの項目をみただけで、すぐにオールスター相手に互角の勝負をできるようになる。コントローラーの画像でしっかりと操作方法を示してくれるのも素晴らしい工夫が施されている。

あとはゴールの幅を広げてポイントを重ねていくだけだ。このゲームは17になって改悪がさらに強くなったというし、ゴールの爽快さが限定的になったというのは事実。ただ、現実のバスケと同じような再現シーン・テクニカルな部分があって、やはりスポーツ界で完成度最強のゲームという評価は確かである。NBAシリーズではEAも巻き返してはいるが、2Kもオンラインマッチング周りのラグを改善してゲームプレイの監修をしっかりとすればまたファンが定着するだろう。

私はFIFA・Madden・NHLでの一発ゴールのスポーツゲーが嫌になってきたので、やはりスコア積み上げで勝敗が決まるこのNBAゲーはかなり有望だと思うようになった。たしかに初心者には敷居が高いがそれを乗り越えれば絶大な面白さがある。コントロールでゴールの幅を広げようなどという「ゲームの目的」が次々と見つかってきた。やはりバスケットボールは素晴らしいスポーツだ。いうなれば、「負けても面白いゲーム」だな。オールスターに常勝できるようになったらその時点でオンラインに行く予定や。

marikoi

ここの主筆・共同管理人。ぶっちゃけ狂人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA