サルでもわかるゲーム攻略法:「ASTRONEER」初心者教室

これじゃ要望伝えられないじゃん!こういうくだらん設計ミスするのやめてくださいよ!マジで。 ま、面倒なんだけど、やっていくか。別にXB1のほうで解説やろうとすると(私はXB1でやってるけど…)コントロールが面倒なばかりか、ヒット数も稼げんので割愛する。ちょっと今日キレ気味で、さらに公式ForumになぜかMSアカウント経由でログインできないので、その旨をチクっておいた。ムキーっとしたところで本題へ。

まず、素材の基本単位を覚える。紫色の繊維をためこんで、本拠地のノードを伸ばして各ノードごとに3つ紫の繊維素材(20px-Icon_Resin樹脂)をつける。コンソールがひとつのノードにつき現れるので、ここにさらに肌色がかった土色の有機物(20px-Icon_Copper混合物)をふたつつける。そこには電力を供給しなければならない。混合物から自分のバックパッククラフトで、電力供給でいるソーラーパネルを作って、自分に二つつけて、バックパックに自立電力供給能力をつけるんだ。さらに大本の船体とかコンソール上に現れる設置物のところに同じようにソーラーパネルをつけていく。電力供給がないと、コンソールにつけた設置物が動作しない。電力供給量は黄色で表されている(ちなみに酸素は水色)。

その次にガンガンコンソールを実装していくが、まずは混合物から作れる精錬所は必須(ここあたりとくじゃく石が鬼門で断念するとひとたび面白さがいまいちわからんうちに脱落する人が多いと思う…)。さらに、プリンター・研究所・自動車ツールの順ぐらいでガンガンつけていく。アーティファクトについては公式攻略Wikiを参照してくれ…。実は研究に入る前にちょうどセーブデータがぶっ飛んだんだ。そういうわけでやけになってこの記事を書いている。

鬼門のうちのひとつ20px-Icon_Compoundはどうやってつくるのかっていうと、精錬所に、洞窟の中で(遠距離遠征にいくんで、洞窟まではルートをたどっての酸素供給してくれる、バックパッククラフトでのポール設置が必須)銅の元ととなるこれまた紫の樹海みたいな素材(くじゃく石)を集める。これで精錬所にいって具材を設置して起動させる。すると精錬できる。銅ができれば、もうプリンターとか研究とか自動車ツールとかが回り始めて、ガンガンクラフトが進む。ここまでくればあなたも一兵卒。もうこのゲームのとりこになっているだろう。というところだろうか。(アイコン画像はhttp://astroneer-ja.gamepedia.com/Resources/jaより引用)

ソーラーパネルは当然日が出てないと発電しないよ。あと自分なりに公式ツイートにかけてみてこれはどうかというものをこのように言ってみた。フォーラムにアクセスできんので、ムカついてるところだが、まあ時間が問題を解決することを期待する。私が考えたのは農作物システム、あとは外来種のいくつかの実装。個人的にはハックアンドスラッシュ実装はなくても経済システムとかそういう類のものは必要だと思ってます。そういうところで筆をおいておくか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA