特集記事:ロシア生まれの正統派音楽家Sonya Belousovaの演奏するストⅡゲーム音楽「ガイルのテーマ」

Sonya Belousovaはロシア生まれの作曲家・ピアニスト・レコーディングアーティスト。

Tom Greyとの共同映像でよく知られるようになったが、ピアニストとしても早熟の天才であり、ロシアの文化圏から早い生まれの段階で確固たる評価があった。現在はアメリカカリフォルニア州に居住しながら芸術活動に邁進している。コミコンをはじめとする様々なフィルムフェスにかかわり、その活動領域としてロシアとアメリカを往来しながらコンサートを開く。グラミー賞などの共同制作コンポーザとしても知られている。サンプトペテルブルクで生まれた彼女は、若くして渡米しアメリカの音楽学校に通い音楽を学んだ。修士号は名門のUCLAで取得。

このように早熟の天才として知られた彼女だが、一般的には作曲家として、あるいは演奏者としてよりかは、YouTubeでのパフォーマンス活動でよく知られている。これはPlayer Pianoというアカウント名で行われている活動であり、最上部に示したものがストリートファイターからの「ガイルのテーマ」曲である。ほかにもマリオシリーズのゲーム音楽の演奏やスターウォーズなどのメドレー曲をアレンジ演奏するなどその活動の範囲は極めて広い。YouTuberとしての活動以前には、前述の通りフィルムフェスに参加したり、あるいはバレエ音楽に深い理解を示し、これにかかわるなどその創作範囲の広さには枚挙のいとまがない。

ソニア・ベルーソバはオフィシャルサイトをWWW上に所有・運営しているほか、フォロワー2000を超えるツイッターアカウントを保持している。

https://en.wikipedia.org/wiki/Sonya_Belousovaより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA