連載たまにはゲームでも:【ローグライクと】「Immortal Redneck」【FPS】

これはすごいゲームデザイン。公式に英語ツイートで質問しておいたが、今年の終わりごろにかけてコンソール版(PS4/XB1)も用意していくらしい。ちなみになぜか日本語ローカライズされているのでしっかりと世界観も楽しめる。まあ、エジプトの伝説に冒険の旅に出るという様子で、システムはローグライク。で、FPSでし。このゲームがBestなところは痛快さと合わせてデザイン・バランスのたぐいがあるってこと。ユーザレビューで日本スチーマーらがもう軒並み高評価だしてるけどこいつはやはりそれは正しい。もうトレイラー見た段階でかなり魅力的に感じる。最近シリアスサムみたいなガンガンのFPS、なこうなって、しかもそのうえでシステムにばっかり難しいものとか模倣してるものを仕込んでるやつが多いやし、こういうシンプルな設計思想に基づくゲームってのは珍しい気がする。

巷では、ローグライクの典型例とかダクソのパクリとかサバイバルゲームが~オープンワールドが~ゾンビ・恐竜が~とかいう単純なコンセプトばっかりで、こういういい意味で単純なゲームはなかなか最近なかった。じゃ同じローグライクつってもEnter the Gungeonとかに近いのかっていうとそうでもない。というのもアイテムの持ち越しが部分的に認められてたり、ツリーシステムで強化していく要素が部分的にローグライクのシステムを緩和してくれて中和されてんだな。だからアイデアとしてはEtGのほうじゃなこうて、どっちかていうと、Logue Legacyに近い。ゲームがコモディティ化して実質シリーズ化してんばっかでうさんくせー状況になってきちまって、欧米ゲーの限界も枯渇感もしかたなく感じた中、久々に悠々とできたのは、ASTRONEERぐらいじゃねえの?っていう提起に対して独立系開発会社らしい適切な答えになっている。豊富な武器類が特徴的な爽快痛快なおバカFPSだけれども、ローグライクゆえの実装できる工夫が随所に凝らされており、評価高こうて受賞歴豊富。繰り返すが、素晴らしい設計性だ。

ま、買って損はないだろう。これが1割引きで今手に入るのはかなり印象いいぜ。ちなみに繰り替えすがけっこうインディゲーの受賞タイトル多いから、メタスコアも安定して高評価くれることを望む!でも要求スペックがぱねぇなあ…やっぱコンソール機のいい点はココよね(笑)。ちな、公式が実況プレイをツイートしてっからたぶん配信推奨作品だ(と思われるw)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA