特集記事:WikipediaはPayPalのほかに本格的にさまざまな寄付方法を導入すべき

Wikipediaの寄付インターフェースが変わり、ようやっと私もPayPalで本格的に寄付しようと決断できた。寄付のタイプとしては、300円を一度だけ実行しただけだが、いつもかなり参考になっているので、これからも寄付の要望があがればいつでも300円毎回寄付しようと思っている。中にはコーヒのたとえを皮肉って、代わりにセブンでコーヒを飲むという閲覧者もいるようだが、私はこういうジョークの考え方も嫌いではない(適切かどうかは違う問題として)。

寄付の後、Wikipediaの作った質問フォームから屈託ない意見を書き込めるシステムになっていて「我々の寄付広告はうざいか」というようなアンケート項目まで整備されている。氏名・メールアドレスを要求されない匿名でのアンケートに答えることができるわけであって、私はユーザの状況把握にちょっとでも答えたいと思い、考えて回答しておいた。この傾向にも批判はあって、統計テストのありかたとして適切かどうかも気になるところではある。

試みとしてはPayPal対応をインタフェースの改善とともに本格的に実行したことは素晴らしい(てか、前までPayPalで寄付できんかったように覚えてるが?)。Wikipediaは公正中立の百科事典を目標にしているから、寄付の一環として一介の民間企業であるPayPalのシステムを利用すること自体に問題があるような気もするが、私は寄付の手法としてこういうペイガバナンスがあるのは悪いことではないように思う。

カード情報を書くということは、個人情報を提供してしまうということでもあり、そこにはリスクがある。この際、財団側はしっかりとペイオプションを豊富に用意すべきではないだろうか。なかなか有言実行とはいかんだろうが、Wikipediaの日本層が使うだけで寄付しないっていう傾向はあまりよくはない。なんだかんだいってやはりこのサイトの構造は目標だけは少なくとも優れているわけで、寄付のペイオプションを豊富にしておくのはしかたがない措置であるように感じている。

どっちにしたって、広告は導入すべきでないことは明らかである。今、Wikipedia寄付に対して検索をかけると「うざい」「邪魔」だとか「回避」とかキーワードが出てくるが、こういう記事を書くのはあまりいい傾向でない(無論、上記の状況と同じように個人のジョークやエゴイズムの類であれば問題はないが…)。財団や百科事典の性質を理解したうえで、ガバナンスもオプションも可塑性あるものとしてとらえてほしいものだが、そのバランスのとりかたがかなり難しいのであろう。

カーが批判したことってのは事実だが、それでもなお理想を追求すべきなのは鉄則たる原則である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA