トリガーハートエグゼリカSS:ハートの行方

いくつもの出撃を経て、我々はいくつもの星星を駆け巡った。機械との融合を目的に作られた「人間兵器」…それらが我らトリガーハート。エグゼリカとクルエルティカ、そしてフェインティア。

ライバルであるフェインティアの救出およびヴァーミスとの熾烈な戦いを経て…我らがトリガーハートが得たものはなにもなかった。戦いに望む我らの相貌は厳しく、戦況もまた同じなり。人間の勝手な振る舞いで我らはただ単に作られた存在。

ただ、最後の敵「ヴァーミン・エンダ」を打ち壊したことは我々の力によるものだったことは確かだ。フェインティアとの和解…彼女は機械よりも機械らしく作られヴァーミスに洗脳されていたトリガーハートの一員。

戦いを経て、「ヴァーミン・エンダ」という共通の脅威を打ち破った今、我らに戦いもそのための険しい相貌も必要がなかった。平和を享受し、ようやっと我らが故郷に帰ることができる。

我らがトリガーハートの行方は我々のみが知る。もう人間に操られることも、誰に戦いを強制されることもない。平和と自由を我が手に。きっと、安寧を求めて、トリガーハートの誇りはそれと共にある…。

※画像はアーカイブアンカー設定資料集より模写

marikoi

ここの主筆・共同管理人。ぶっちゃけ狂人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA