サルでもわかるゲームレビューNBA2K18攻略法:初心者でも使える!ピック&ロールとペイントエリアへの切り込み方

ちょっとNBA2Kの攻略メモを作っておこうかなと…。

いままでのロールターンとかもろもろの技術はツイートしてあるのと動画リンクの#1から#3までで解説されてるし、ほぷきんす氏の動画でもさんざん出回るっているのでちょっと別な方法をご紹介しましょう。基礎技術は備えておいてください。そこからステップアップするために必要だったことを一例挙げて解説します。お題はタイトルの通りです。

こっちは基礎です。なぜかっつと、L1で呼んでおいてスクリーン使いますよね。その後、R1をもう一度タップすると自動的にスクリーナーがペイントエリアに切り込むのでそこにパスを出す方法。これは基礎です(スンマセンこの動画ではあまり意識してなかったので標準のロールのPnR使ってるかもしれません)。その上で、別な方法もあります。それがPS4でサークル(〇)ボタンを使う方法です(XB1ではBボタン)。

でこっちがそれです。L1で呼んでおきましょう。そこでPnRのロールとフェードが出たらすぐにサークルボタンを押し続けます。するとスクリーナーがLSの通りに移動しますので、そこで突撃させてサークルボタンを離す。サークルボタンを押している間はエリアに切り込んだひと(スクリーナー)にマークがついてるのがわかるはず。離すとそいつにパスがわたります。

これがたぶん上記の動画で外人さんとかほぷきんす氏が作っている方法の違いになります(ほぷきんす氏が使っているのはたぶん1のほうで外人さんが紹介しているのは2のほう、たぶん微妙なエリアの隙間に入れてくっていう意味で使い分けができる)。ワンパターンだとばれるので、ドリブルスキルも併せて適宜使い分けたいところです。シューターが空いたらそこにパス入れましょう。

今回はこれだけ。あんまバスケットに詳しくないので言葉の定義の間違いあるかも。あったらサーセンが動画みてくれりゃやりかたはわかるべ。

marikoi

ここの主筆・共同管理人。ぶっちゃけ狂人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA