サルでもわかるゲームレビューNBA2K18攻略法:初心者でも使える!フリーランスオフェンスモーションカット編

当方前編(http://mjdkoisuru.review/2017/12/18/3892)でふれたように、フリーランスセットのMotion CutsとPaceを選択するとPnRが鋭くなる。これはD-padを左に入れることで選択できる。さらに、①ミドルからの切り込み、または、②サイドからの切り込み、を考慮に入れてこれらの戦術を考えていこう。クイックポストアップを指定する(D-pad左に入れるかタッチパッドを右にフリック:いずれもPS4コン)と、ポジショニングを示す青いサークルが床にマーキングされるので、エンドライン近くで表示されるよう、この青マーカーの役目を頭に入れておこう。

①ミドルにマーカーを出したときは、PnRも併用してシングルサイド(コーナーにひとり仲間がいるときのそっち側)をコート内で意識しておき、そちらへ切れ込むようにドリブルさせる。この状況を作るためにスイッチを使っても選択肢が広がっていいだろう。この際、もうかたっぽのサイドも占めておけば、3pシュートのチャンスメイクもできる。

②サイドにマーカーを出したときは、マーカー表示側のそのサイドにボール保持者である自分も含めた二人を配置するようにしてからPnRのロールを使おう。マーカーが示される同サイドへ外縁を切り込むようにドリブルすると、スクリーナーがロールしうまく体を入れてくれて、ゴール下へインしやすくなる。これはひとつのベストな選択(?)だ。ブロックに二人きたら無理せずにロールするスクリーナーにパスを渡す。対策のひとつだ。

というわけですが、このあたりからめっぽう複雑になるんで、解説にあたり誤訳があったらスンマセン。

※補足

コーチ設定を以下のようにしないとペイントマーカーが消えてわけがわからんようなるので、このようにオフェンスのプレイビジョンすべてのプレイに、プレイビジョン画面フルに設定しておくといいでしょう(参照動画の1:15付近からでもこれが解説されている)。クイックポストアップからPnRをかけてもこれでマーカーが消えんようになります。やはり自分で試行錯誤しないとこのゲームは上達しないね…。

marikoi

ここの主筆・共同管理人。ぶっちゃけ狂人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA