【ゲーム速報】:「Cuphead」超速序盤レビュー【日本語化マダー?】

ということで、なんかメガマンってよりかは「ガンスターヒーローズ」に似てます。かなり難しいのですが、それでもダクソでこじ開けた根性節を活用すればそれほどでもありません。でも間違いなくマゾゲーです、ハイ。システムは簡単で、ちょいちょいカスタマイズ性があるわ、あとは、パワーショットシステムがあるわで、ボム制度はないのかな?しっかりと根本から作り上げた横スクロールのシューティングになっております。

鬼畜なのは所狭しと相手がバンバン出てくる、当たり判定はでかくってかなり厳しいです。落下ダメージは一ライフとして計算。ダッシュボタンがあるので、これをうまくメガマンっぽく使って相手の強力な攻撃を回避したり、穴とかマリオのサンフラワー(およびパックンチョの敵)みたいなのとかを避けながら進みます。カスタム性があるちゅのは、端的に言って弾種とかをステージ内で獲得するコインで買っていくってことです。いろいろ購入できるアイテムはあって、ライフも増加させられますが、おそらくマゾゲーゆえにむっちゃくちゃうまい具合に超絶プレーをする猛者はたぶん使う必要がありません。

なんと評したらいいのか?なんかいろいろごっちゃになってるって感覚はないです。確かに、メガマンの影響もガンスターの影響もメタルスラッグの影響もあることにはあるんでしょうが、カートゥーン風のスケッチ画が主になるので、デザインでもかなり独創性が高くってすごいなーっていうのは予想通り。で、さらにシステム的にもなんか「これ実際にプレーしてみなけりゃこういう感覚はわからなくね?」っていう感じ受けました。古典的なブラウン管みたいなデザインでも押してるんでしょうが、それだけじゃないんですよね。特異すぎるセンスがデザイン面だけじゃなくて、システム設計レベルにまで浸透している…そういう印象です。

ということでSteamでも最強の評価を得ていて不動の伝説級の作品といっていいのでは?すでにある種の神ゲーで、ほかのゲームでは味わえない要素・コンセプチュアルなところがにじみ出てくる感触を抱きました。動画のファイルを録画するまで、けっこう苦労しました。最初の面とふたつボスを倒したところで、日本語化を待つことにします。というわけでみなさん買いましょう。新味があるゲームゆえローカライズを待ちきれません。ストーリーの筋も見えた方がおもろいやんか?

( ;´Д`)<DBFといいこういう画的な感触はいい。で、Co-op周りはどうなってるんだろか…。